ウェブ用バーチャル背景画像

新型コロナウイルスの影響で、現在休館中の当館ではございますが、ご自宅での滞在を余儀なくされ、オンラインを活用したビジネス会議や、プライベートでの集まりでZOOM等をお使いの皆様のためにバーチャル背景画像のご用意をさせていただきました。
当館の露天風呂や客室だけでなく、大歩危・祖谷の自然豊かな風景や観光地などもご用意しております。早速ダウンロードして、
ビデオ会議等の背景画面に設定して旅行気分に浸ってみませんか?また、徳島出身の方は、是非故郷を思い出して下さいね!
※画像はすべて当館スタッフが撮影したものです。著作権を気にせずどんどん使ってください!
お気に入りの風景が見つかりましたら、近い将来、是非大歩危・祖谷に足をお運び下さいませ♪

峡谷の湯宿 大歩危峡まんなか 露天風呂 峡谷の湯宿 大歩危峡まんなか 大浴場
露天風呂画像 大浴場画像
露天風呂からは眼下に広がる四季折々の大歩危峡の景観美をご覧頂きながら入浴できます。 大浴場は単純硫黄泉、神経痛・うちみ・くじき・病後回復・慢性皮膚病・糖尿病などにも効果があります。
ダウンロード ダウンロード
峡谷の湯宿 大歩危峡まんなか 貸切風呂 峡谷の湯宿 大歩危峡まんなか 囲炉裏
貸切風呂画像 囲炉裏画像
プライベート空間の中で温泉にゆったり浸かってリフレッシュ!
また、今話題の炭を使った外壁を使用。浴室内中マイナスイオン効果で心身ともにリラックスできます。
お風呂上りに、待ち合わせなどに是非、ご利用ください。
ダウンロード ダウンロード
峡谷の湯宿 大歩危峡まんなか 客室【モダン和洋室】 峡谷の湯宿 大歩危峡まんなか 客室【和室】
客室画像01 客室画像02
2名~3名様までご宿泊いただけます。また、室内はトイレ・ユニットバス・洗面所付となっております。 2名~5名様までご宿泊いただけます。また、室内にはシャワーブース・トイレ・洗面所を完備いたしております。
ダウンロード ダウンロード
祖谷のかずら橋① 祖谷のかずら橋②
祖谷のかずら橋画像01 祖谷のかずら橋画像02
平家一族の哀話を秘める、秘境“祖谷”にあるかずら橋です。シラクチカズラ(重さ約6トン)で作られたもので、長さ45m・幅2m・水面上14m。あります。また、3年毎に架替えが行われます。(国指定重要有形民俗文化財) 毎晩、19:00~21:30の間かずら橋をライトアップをお楽しみいただくことができます。(渡橋はできません)。また、平家伝説の残る「琵琶の滝」がすぐそばにあります。です。※かずら橋を渡ってすぐに左に50mほど歩くとあります。
ダウンロード ダウンロード
祖谷の小便小僧 祖谷渓 ひの字渓谷
祖谷の小便小僧画像 祖谷渓ひの字渓谷画像
祖谷川沿いの断崖には、祖谷街道の開設工事で残った岩が突き出ており、岩の上には、かつて地元の子供達や旅人が度胸試しをしたという逸話をもとに作られた小便小僧が立ってます。 深く切り込んだV字型の渓谷には、エメラルドグリーン色の祖谷川が流れ、上から覗き込めば、目がくらむほどはるか下に見えるます。秋には谷底から峰まで全山紅葉し、自動車、バスからも眺められます。
ダウンロード ダウンロード
雲海① 雲海②
雲海画像01 雲海画像02
大歩危峡の雲海は春と秋に条件が揃えば見ることができる「八合霧」の雲海です。 早朝に見ることができますが。夜と朝の寒暖差で吉野川の水が蒸発して起こる為、なかなか見ることができません。
ダウンロード ダウンロード
JR大歩危駅 大歩危峡
JR大歩危駅画像 大歩危峡画像
春の時期は大歩危駅沿線沿いに桜が咲きます。桜と渓谷の水の色のコントラストがとてもきれいで、線路頭上にある大歩危橋から写真を撮る方も多いです。※タイミングが合えばアンパンマン列車が下車する所見えるかもしれません。 ホテルからすぐ近くの場所で撮影しました。歩いて1分位の場所です。普段晴れている時の大歩危峡と違って何か神秘的です。
ダウンロード ダウンロード
獅子岩 大歩危の茶畑
獅子岩画像 大歩危の茶畑画像
吉野川の激しい流れによって削られ(浸食され)ながら、偶然にできたまるで彫刻作品のような美しい岩(獅子岩など)が連続して見える珍しいスポットがあります。 山城の山間地という特異な自然環境の中で、朝晩に霧が多く発生することで日射量や気温の上昇を抑えられる性質があり、適度な降水量があるため一年を通して冷涼な環境でお茶づくりに取り組んでいます。
ダウンロード ダウンロード
塩塚高原 大歩危の鯉のぼり
塩塚高原画像 大歩危の鯉のぼり画像
標高1,043mに位置し、徳島県・愛媛県にまたがっており、東西に長くのびた高原には樹々がなく、秋には銀色に輝くススキ野原になります。また、晴天時には遠く瀬戸内海や山陽道が望めれます。 毎年3月下旬~5月末にかけて吉野川の上をたくさんの鯉のぼりが泳いでいます。観光遊覧船に乗船いただくと、空を泳ぐ鯉のぼりのくぐり抜けがお楽しみいただけます。新緑の渓谷を泳ぐ色とりどりの鯉のぼりをぜひ見に来てください。
ダウンロード ダウンロード
秋の大歩危峡① 秋の大歩危峡②
秋の大歩危峡①画像 秋の大歩危峡②画像
2億年の時を経て四国山地を横切る吉野川の激流によって創られた約8kmにわたる吉野川中流の渓谷。両岸には1000m級の山地が続き秋には両岸の至る所で紅葉が見られます。 西日本随一の名勝で奇岩の景勝地。澄んだ水と切り立った岩肌、紅葉のコントラストが美しいです。
ダウンロード ダウンロード
秋の大歩危峡③ 冬の大歩危峡
秋の大歩危峡③画像 冬の大歩危峡画像
鉄道の車窓から眺めるのもよし、国道沿いに設置された歩道をゆっくりウォーキングするのもよし。 雪に覆われた「大歩危峡」は神秘的なムードが際立っています。スマートフォンの写真やムービーでぜひ記念撮影しませんか?
ダウンロード ダウンロード
鯉のぼりと大歩危峡観光遊覧船 大歩危峡観光遊覧船(春)①
鯉のぼりと大歩危峡観光遊覧船画像 大歩危峡観光遊覧船(春)①画像
3月下旬から5月末にかけて、百数十匹もの鯉のぼりが天空を泳ぐ姿が眺められ、桜や奇岩の上に咲く岩つつじを眺めながら乗船いただけます。 大歩危峡の特徴としてこの地域の地質は三波川帯に属し、変成岩類で構成されています。
ダウンロード ダウンロード
大歩危峡観光遊覧船(春)② 大歩危峡観光遊覧船(夏)
大歩危峡観光遊覧船(春)②画像 大歩危峡観光遊覧船(夏)画像
大歩危は砂質片岩および黒色(泥質)片岩を主体として構成され、吉野川沿いは砂質片岩が多く露出しております。 大歩危の礫質片岩は含礫片岩として徳島県天然記念物に指定されています。
ダウンロード ダウンロード
大歩危峡観光遊覧船(秋)① 大歩危峡観光遊覧船(秋)②
大歩危峡観光遊覧船(秋)①画像 大歩危峡観光遊覧船(秋)②画像
吉野川中流の渓谷・大歩危峡は両岸に1000m級の山地が続き、至る所で紅葉が見られ、川を下る遊覧船から秋の風情を満喫することができます。 四国のまんなかにある大歩危峡は、剣山国定公園の一角に数えられ、吉野川を挟んで両岸の岩は徳島県天然記念物になっております。
ダウンロード ダウンロード
大歩危峡観光遊覧船(秋)③ 大歩危峡観光遊覧船(冬)
大歩危峡観光遊覧船(秋)③画像 大歩危峡観光遊覧船(冬)画像
大歩危峡は現在でも国道とJR以外では険しい道、断崖の場所にあります。大歩危峡はその名前の通り、ぼけ(崖)道で大股で歩くと危ない場所であり、断崖の渓谷美と険しい秘境が今でも残っている西日本有数の景勝地として知られています。 雪化粧の深い渓谷を巡る遊覧船。冬は水の美しさが格別です。雪の白さで岩の険しさも際立ちます。両岸に大理石の彫刻がそそり立つかのような景観は必見で、冬ならではの幽玄の美を楽しませてくれます。
ダウンロード ダウンロード